苦しむならネキシウム

胃酸過多の改善では胃酸分泌や吸着を抑えるネキシウム

胃酸は、胃腸に入ってくるばい菌を殺菌する大事な役割をする、というのが本来です。
しかし、胃の壁が弱っている場合、胃酸が胃粘膜を傷つけて胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因になりかねません。
また、胃酸が逆流することで、食道を荒らして、極端な胸やけを起こすこともあります。
この症状の治し方としては、ネキシウムが有効に作用するとして、定評があります。
ネキシウムは、酸分泌抑制薬なのです。
胃酸が分泌することを強力におさえ、胃酸が悪く影響を与えることを阻止します。
その結果、胃潰瘍や逆流性食道炎の症状が緩和され、胃が痛くなったり胸がやけたりすることも、かなり収まってくるのです。
ネキシウムは、たとえば、アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬が原因となっている胃潰瘍にも効果を発揮します。
そればかりでなく、胃病変の原因とされているヘリコバクターピロリの除菌にも使われているのです。
ピロリ菌の除菌の際には、他の2種類の抗生物質を同時に使用することとなっています。
ネキシウムで胃酸を少なくすれば、胃の中での抗生物質の効き目が良好になり、除菌の成功率が高まるからです。
ネキシウムが効果を発揮するメカニズムとしては、胃酸の分泌を強力にブロックするところにあります。
そもそも、胃酸は、胃粘膜に存在する酵素の働きによって分泌されるものです。
この酵素はプロトンポンプとしての役目を果たしており、酸を放出して、そのかわりに、カリウムイオンを取り込むようになっています。
ネキシウムは、胃壁に吸着し、酵素活性を抑制して、プロトンポンプの機能にストップをかけることで、胃酸の分泌をセーブするのです。
胃酸過多の治し方としては、ネキシウムは非常に優れたものを持っています。