苦しむならネキシウム

ネキシウムの安全性

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療薬として用いられている強力な胃酸分泌抑制薬です。そのメカニズムとして知られているのが胃酸を分泌する胃壁の細胞にあるプロトンポンプと呼ばれるタンパク質の機能を阻害することによって胃酸の分泌を抑制するというものです。胃液の酸性度が高いと胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治癒を遅らせる原因となってしまうため、その酸性度を低くすることによって自然な治癒を促すというのが治療のメカニズムとなっています。ネキシウムは不可逆的にプロトンポンプに結合して阻害作用を示すことが知られており、血液中のネキシウムの濃度が低下してしまっても効果を持続的に発揮することができます。そのため、血液中のネキシウム濃度が高い状態は長い間にわたって維持されることがなく、基本的には副作用が少ないとされていて安全に使用しやすいものです。しかし、胃の酸性度が下がってしまうことによって消化不良を起こしてしまい下痢や便秘の原因になってしまうことはあります。また、長期間にわたって服用を続けてしまうと胃酸の分泌がほとんど起こらない状態が維持されてしまうため、タンパク質の消化がうまくできなくなってしまうリスクがあります。そのため、原則として8週間を越えて使用し続けることはできないと定められています。一方、薬物間相互作用があることが知られており、ジアゼパム、フェニトイン、メトトレキサート、ワルファリン、タクロリムス、イトラコナゾールなどを使用している場合には医師に伝えて別の薬を処方してもらうほうが安全です。併用薬の濃度を上げ下げしてしまう可能性があるからであり、胃の酸性度を下げることに起因していることがほとんどです。